農業に携わっている農家は、様々な問題を抱えている状況です。
偽装表示問題、残留農薬問題、農業者の高齢化、跡継ぎ問題、などがあげられます。
農業経営が困難になる背景には、2009年4月開始の、卸売手数料の自由化があります。

スポンサードリンク

農業に携わる農家の問題点

農業で生産された農作物は、卸売市場で伝統的なせりのやり方で行っています。

ITが普及している世の中であることから、卸売市場にもITを導入させようという動きが出ているようです。
農協職員やせり人、仲卸経営者らに、システム導入における、IT化された操作研修を、していくことになるでしょう。

IT化を進める理由には、異業種である商社や食品業界などが、新規参入をしてきているので、対抗策として導入が急がれているわけです。

農業の生産者が、現在では直接消費者に対して、インターネット販売やオークションを通じて、販売をしています。
市場でせり取引をする卸業者が、そのような理由で減っており、市場の運営にも影をさしつつあります。

お米の販売に、この傾向が著しく現れており、生産農家に直接消費者が注文を出して、受注生産を請け負っているということです。
卸売市場制度は、今変化を余儀なくされているといえるでしょう。

産地偽装問題発覚から、食の安全に対する消費者の感覚は、敏感になっており、有機栽培やエコ栽培が推し進められている傾向があります。

企業が新規参入している中で、新しい農業の流通システムのあり方が問われているのかもしれません。

スポンサードリンク

▲このページのトップへ

携帯版のQRコード

農業:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://2.s-stars.com/nougyou/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。